数量は多い 富永源六 釉下彩大根鼠文鉢 図版収録品 源六焼 嬉野焼 有田 伊万里 その他

¥110,250

(税込) 送料込み

最終更新 2024/07/14 UTC

商品の説明

 
				            富永源六 釉下彩大根鼠文鉢 図版収録品 源六焼 嬉野焼 有田 伊万里_画像1                                    富永源六 釉下彩大根鼠文鉢 図版収録品 源六焼 嬉野焼 有田 伊万里_画像2                                    富永源六 釉下彩大根鼠文鉢 図版収録品 源六焼 嬉野焼 有田 伊万里_画像3                                    富永源六 釉下彩大根鼠文鉢 図版収録品 源六焼 嬉野焼 有田 伊万里_画像4                                    富永源六 釉下彩大根鼠文鉢 図版収録品 源六焼 嬉野焼 有田 伊万里_画像5                                    富永源六 釉下彩大根鼠文鉢 図版収録品 源六焼 嬉野焼 有田 伊万里_画像6                                    富永源六 釉下彩大根鼠文鉢 図版収録品 源六焼 嬉野焼 有田 伊万里_画像7                                    富永源六 釉下彩大根鼠文鉢 図版収録品 源六焼 嬉野焼 有田 伊万里_画像8                                    富永源六 釉下彩大根鼠文鉢 図版収録品 源六焼 嬉野焼 有田 伊万里_画像9                                    富永源六 釉下彩大根鼠文鉢 図版収録品 源六焼 嬉野焼 有田 伊万里_画像10
幻の明治期嬉野焼、源六焼の釉下彩大根鼠文鉢を出品致します。
源六焼は、佐賀県嬉野市嬉野町内野山で明治21年に富永源六が新窯を使って焼成した磁器に始まります。源六焼を有名にしたのは、明治25年頃に釉下彩を採用した高級磁器を生産し、有田の上絵磁器とは一線を画した製品を開発したことによると言えます。源六は国内外の展示会に積極的に出品して多くの賞を受けています。例えば、

明治36年 第5回内国勧業博覧会 二等賞
明治37年 セントルイス万国博覧会 銀賞
明治39年 五二共進会 有功賞
明治39年 府県連合共進会 二等賞
明治43年 日英博覧会 銀賞
明治43年 府県連合会共進会 二等賞
大正04年 パナマ太平洋万国博覧会 銅賞

さて本品は銘の書体と位置から明治25年頃に作成された初期の作品と判定されます。中期になると、銘の位置が高台中央部に移り、かつ源六の文字の上に三ツ矢の様な印(三ツト)が加えられます。後期では、三ツトの印だけになります。寸法は、口径22cm、高さ8cmですので、図録掲載品よりも一回り大きい作品になります。

特筆すべきは、絵の構図でしょう。見込みに大根と葉を大きく円形に大胆に描いたダイナミックな構図は盛期鍋島のそれを彷彿とさせます。そして、その大根を齧る鼠を一匹、褐色の釉下彩でさらりと描いた粋な構図は秀逸です。使用痕も殆どなく、ワレ・カケ・ヒビなどの瑕疵は全くありません。とても綺麗な状態です。

注: 私の出品写真と説明文をそのまま盗用して、格安で販売しますという詐欺サイトが最近いくつかあるようです。呉々も騙されないようにご注意下さいませ。
私はオークションサイト以外には出品しておりません。(呆れたことに、この注意文までコピペしている詐欺サイトもあります)
タブレット HP Pro X2 612 G2 core m3

商品の情報

カテゴリー

この商品を見ている人におすすめ